気になる言葉①求人倍率
2020.07.01掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

有効求人倍率とは

求職者1人当たりの求人件数」を意味します。

新聞報道等で見られる有効求人倍率は、ハローワークに登録された有効求人数と有効求職者数で計算されます。
(例えば有効求職者数が10で有効求人数が12あれば、1.2倍になります)
失業率と並び雇用状況を示す数値であり、また景気の動向がわかる数値としても注目されています。
ざっくり言えば「求人倍率が高い」⇒「企業が多くの労働者を求めている」⇒「仕事がたくさんある」⇒「経済に活気がある」と考えられています。

有効求人倍率の公開について

有効求人倍率、有効求人数、有効求職者数は、毎月頭に労働局のHP等で一般職業紹介状況として公開されます。集計と公開に1ヵ月程ずれが有ります(4月の数字が6月頭に公表されるといった具合)。リアルタイムの数字ではありません。

新聞報道等で「有効求人倍率(季節調整値)」といった表記があります。「季節調整値」とは1~12月の各月の状況を比較するため、毎年決まったパターンで増減する数字(季節による求職者・求人の増減)の影響を除いた計算を反映した値です。それに対し有効求人数、有効求職者数のみで計算した場合を「原数値」といいます。
地域別の区分も各都道府県内のハローワークが受理した求人数を用いて算出する「受理地別」と、実際の就業地の求人数を用いて算出する「就業地別」の2通りの数字が出されます。「就業地別」は、例えば盛岡のハローワークで、花巻、北上に勤務する求人が申し込まれたようなケースを想定した数字です。

岩手県内の求人倍率

岩手県の地域別、職種別等の詳細な求人倍率は、岩手労働局にて公開されています。
岩手県の一般職業紹介状況(岩手労働局)
岩手県の求人・求職バランスシート(岩手労働局)

公開資料を見ると、岩手県全体で、求人/求職者の総数は、共に2万人/月程なこと(岩手県営球場に全員収まるくらいの数字ですね)や、
県内の求人数や求人倍率も地域・職種で大きな隔たりがあること等がわかります。
職種なら例えば「事務的職業」の場合、求人倍率は0.5を下回る事も度々あり、常に求職者が多く集まっている事がわかります。
地域に注目すると、求人数・求職数ともに盛岡に全県の3分の1以上が集まっていることや、地域によっては、特定職種の求人が少ない(求人が無い)といった事もわかります。
有効求人倍率は職種別、エリア別のデータと合わせて確認すべきでしょう。

まとめ

この数字はハローワークに登録されているデータ数です。ハローワーク以外の求人媒体や転職サービス(岩手求人転職ナビ等)を利用する求人数、求職者数、そして新卒の就職活動者数は含まれません。
データを読む際は、注意しましょう。

求職者にとっては、求人倍率の高低は、仕事探しの選択肢が増えるか減るかの違いとなります。
とは言え、どんなに選択肢が多くても大抵の場合、就く仕事は1つです。
自身の転職/就職活動で考えるべきは、希望職種、希望地域の状況であり、何より希望企業の状況です。
有効求人倍率の高低に関わらず、求人募集中の企業は、人が欲しいから募集しているのです。
周辺の状況は、あくまでも参考程度にとらえるべきでしょう。

採用側の立場であるなら、雇用動向の指標、景気動向の指標として有効求人倍率にも注目していることでしょう。
高倍率ならば「人材確保が困難」な状況に、低倍率なら「人を集めやすい」状況に、それぞれどう対応していくのか?
 有効求人倍率の推移を読み解き、現在の状況を把握することは、今後の採用を考える際に参考となるでしょう。

岩手求人転職ナビは、求職と求人、双方の良いご縁を繋ぐお手伝いを致します。ご相談、ご要望ありましたら、いつでもお問合せ下さい。